TOP>ニュース

本日Halloween👻

2016/10/31

日本でも近年ハロウィーンは、大人も子供も仮装してパレードに参加して、大きなイベントになっていますね!いつも様々なお部屋を紹介してくれているAirbnbもこのハロウィーンでドラキュラ城をプレゼントしてくれていました!!ルーマニアの森の中にある「ブラン城」に泊まるにはいくつかハウスルールが設定されています。 ハウスルール:ニンニクを数珠玉の様にぶら下げて来ないでください。銀のジュエリー類もご自宅に置いてきてください。ナイフやフォークで十字を切ってはなりません。見張り塔のコウモリに気をつけること。 などなど、ドラキュラ城ならではの体験が待っていそうです。怖すぎて、夜ゆっくり眠られなさそうですね。。。残念ながら申し込みはすでに終わってしまいましたが、またの機会に体験してみても良いかも?!🎃

イーロン・マスク。。。最大$1,000キャッシュバック?

2016/10/25

Airbnbがあのイーロン・マスクが会長を務めるSolarCityとこの度提携することを発表しました。SolarCityはアメリカの27州で展開しているソーラー発電事業の会社です。Airbnbは環境事業にも熱心に取り組んでいることがよくニュースになりますが、ホテルでなくソーラーパネルを生かしたAirbnb物件に泊まることで、環境保護に大きく貢献することに繋がるようです!過去1年でアメリカのAirbnb旅行者は、4.2億リットルの水、56万台の車と同等の排気ガス、1年で28万世帯で使われる量のエネルギーを減らしたなどの結果が出ているようです。これらを踏まえ、2017年1-3月にSolarCityのソーラーパネルを設置し、Airbnbホスト担った場合最大$1000プレゼントになります。SolarCityの取り組みなので、アメリカで先行してされるのみですが、これがきっかけで世界にも地球に優しい事業が広がっていくと良いですね!イーロン・マスクと言えば火星への人類の移住を目指しているSpace Xでも注目されていますが、将来は火星でAirbnbできるかも。。。?

Friendly Buildings Program

2016/10/17

民泊を始めてみたいけど、マンションはほとんどが転貸禁止だし・・・。と思ったことのある方は多いのではないでしょうか??この度Airbnbが、マンションオーナーが入居者にAirbnbでの貸し出しをOKすると、売上の5%-15%をオーナーに支給する'Friendly Buildings Program'を開始したと発表しました。マンションオーナーがこちらに参加することで、ホストがどれだけの人を受け入れて、どれくらい売上が上がっているのかを知ることができたり、最大何泊までOKなどのルールも認定したりすることができるようです。民泊は、日本ではまだ完全に合法化されてはいませんが、オーナーさんにもメリットが出れば、許可物件が増え、民泊市場がさらに盛り上がりを見せそうですね!

旅行に行ってはダメ、そこに住んでみて。

2016/10/13

スマホやタブレットの普及でSNSの存在は私たちの生活の中でかけがえのない情報収集、そして人とつながるための大切なツールとなりました。皆さんは、twitterやfacebookをお持ちですか?ここ最近ではSNS上にも民泊のショートムービー付きの広告が掲載されるようになりました。「パリに行ってはダメ、パリを旅行してはダメ」というセリフから始まるショートムービー、ぜひ最後まで観てみてください。きっとそのセリフに込められた民泊の魅力が伝わると思います。今後、より民泊が日本国内に浸透し、外国人だけではなく日本人も旅行のときに民泊を使用するような環境になることを願っています! https://youtu.be/1AtjOKph7-k

日本初!釜石市とAirbnbが提携へ!

2016/10/12

Airbnbの名がどんどん知れ渡るとともに、民泊やAirbnbに関するニュースを目にする日が本当に増えてきています!そんな中、岩手県釜石市が、日本の自治体で初めてAirbnbと提携すると発表しています。記事はこちら。調印式は来週行われるので、提携の具体的な内容などもその際に説明されるようですが、2019年のラグビー・ワールドカップを控えている釜石市の観光復興への影響に期待が膨らみますね :)