TOP>ニュース

ルフトハンザのチケットをAirbnbで?!

2016/8/1

8月になりましたね!この時期は帰省したり、旅行に行ったり、乗り物の予約や宿泊施設を探したりすることが多くなる時期ですが、なんとルフトハンザ航空は、Airbnb上でFRA-JFK間のフライトの座席販売を始めました!8月23日から12月15日までのフランクフルトーニューヨークの往復は、699ユーロ(日本円にして約8万円)です。今まで様々なユニークなお部屋を紹介してきましたが、飛行機の座席をAirbnbに貸し出すとは、とても斬新なアイディアですね★ご興味のある方はこちらをチェック! スクリーンショット 2016-08-01 13.22.54

★ドバイとAirbnb★

2016/7/28

世界の都市では、まだまだ民泊やAirbnbに対する厳しい声も聞かれますが、その逆で推進している都市ももちろんあります!その1つがアラブ首長国連邦のドバイ!世界一高いビルや人工島を造って、世界中を驚かせている都市ですね。今年、ドバイ政府観光とAirbnbは、ドバイでの短期宿泊やプロモーションの協業で合意し、別荘レンタル事業を推進することが決まりました。現在ドバイでAirbnbに登録されているリスティング数は3,500以上。Airbnbを利用した旅行者数は、昨年の2倍になっているそうですよ!今後は、申請手続きの簡便化や電子決済完全対応などを進めていく計画もあるようです。2020年にはEXPOがドバイに来ることも決定していますが、それに向けドバイは毎月のように新しい建物が急ピッチで建設されています。Airbnbを積極的に受け入れることも、旅行者数増や観光業推進に大きな役割を果たしてくれそうですね :)詳しくはこちら 今回は、先日ドバイを訪れた時に撮ったBurj Khalifaと共にお届けしました!IMG_0408

鍵の受け渡し Part2

2016/7/26

以前、鍵の受け渡しに関する記事を載せたことがありましたが、さらに進化したものが登場するという記事を日本経済新聞で見つけたのでご紹介します!今回は、イッツ・コミュニケーションズさんの民泊支援サービスです。過去に紹介したスマートロック同様、スマートフォンほどの大きさの機械をドアにつけることにより、宿泊期間限定の番号でドアの開閉ができるので、安全面が強化されることはもちろん、鍵の紛失がなくなり大変便利です。また、ゲストさんがお部屋をきちんと使っているかを確認できるように、入り口に防犯カメラを設置することで、人の出入りを確認し、きちんと予約された人数のゲストさんが泊っているかを遠隔地でも知ることができるようになるようです。さらには、退出後に照明やエアコンを自動で消す仕組みも、導入予定のようです!民泊に限らず、普通の生活にも便利そうな機能ですね!民泊業界が大きくなるにつれ、どんどん新しく便利なサービスや機能が生まれていますね :) スクリーンショット 2016-07-26 10.23.45スクリーンショット 2016-07-26 10.13.45

無人島まるまる民泊?!

2016/7/22

世界にはいろんな民泊物件がありますが、日本にも無人島をまるまる借りられる民泊が登場しました!こちらは、田島(たしま)という長崎県にある1周3.3kmの島で、森にも海にも囲まれているので、マリンスポーツを楽しむことはもちろん、サバイバル研修にも使われたりしているそうですよ!Airbnbに掲載しているプランは団体旅行者向けのようですが、個人的なお客さんも歓迎しているようです。夏休みは、家族やお友達とこんなところで過ごしてみるのも、楽しそうですね♪この記事は実際に島を訪れての続きのレポートがあるようなので、こちらでもまたレポートしたいと思います!詳しい記事はこちら

リオ五輪のAirbnb利用の宿泊客数55,000人突破!!

2016/7/15

日本はまだ梅雨真っ只中ですが、7月も中旬となり夏は目前ですね!今年は4年に一度の祭典オリンピックの年でもあります!日本も、訪日外国人旅行者の数を増やしたい一方で、ホテルの数が足らずAirbnbに注目が集まるようになりましたが、リオでも前回のサッカーW杯の時同様、オリンピック観戦客の宿泊先が足りずAirbnbが有名になり、Airbnbがとても話題となりました。なんと7月15日時点で、Airbnbで現地に宿泊する観戦客数はW杯の時を上回る、55,000人を突破したようです!!すごい数字ですね!!利用者で最も多いのは、ブラジル国内からのようですが、ゲストの2人に1人がシンガポール、日本、中国のいずれかの国から訪れる予定のようですよ!4年後は東京オリンピックが控えています。宿泊、日本でのAirbnb利用者数も期待が高まりますね :)詳しくはこちら