TOP>ニュース

弊社運用Airbnbの合計宿泊ゲスト数が750人を超えました!

2016/3/1

合計宿泊ゲスト数が遂に750人をこえました! 今まで多くの国々から色々なゲストさん達をホストしてまいりましたが、   一番ホストをやっていて良かったなと思う瞬間はゲストさんからの感謝の言葉です!     この感謝の言葉を糧に今後もより一層邁進してまいります!!ありがとうございます!

訪日旅客数はまだまだ伸びる!!

2016/2/26

昨年海外からの日本への旅客数は約2,000万人に到達しましたが、これはただの通過点に過ぎません!理由はいくつも挙げられますが、その内の一つにGDPに対する観光収入が挙げられます。これは観光業が経済規模に対してどれくらいの水準かを示す数値になりますが、先進国の平均は約1.8%(米国1.8%、豪州5.2%、英国1.7%など)に対して日本はたったの0.4%です。この数値が平均値に追いつくだけで、約4倍超の観光収入が見込める訳です!!他諸条件を一定と考えれば、訪日観光客数は4倍超になる訳であります!! 当然、民泊にもプラスですね! R2Aチームより民泊市場調査レポートでした!

「民泊」についてふと最近思うこと。。。

2016/2/22

今朝たまたま久しぶりに「民泊」とググってみたら約8万件ものヒットがあり、ずいぶんと「民泊」もメジャーなキーワードに成長したんだなと感慨深い思いに浸っていると、ふと 高知新聞の記事を見かけました。内容は高知県でもAirbnbを介した民泊が大変盛り上がりつつあるという大変シンプルなものでしたが、一年前までは「民泊」、「Airbnb」と言う意味でさえ知っている人は少なかったので、今では普通に地方紙にもこうした記事が散見されるようになり、「民泊」も随分と成長したものだなと改めて感心しておりました。Airbnbによると日本では毎月約1,000リスティングほど登録が増加し急成長しているようですが、今後も民泊が単に急成長するだけでなく、社会の役に立つサービスとして成熟していくことをただただ願っている今日この頃です。

民泊トリビアコーナー! Airbnbがブラジル政府からブラジルワールドカップで実績を買われる!?

2016/2/19

2014年ブラジルワールドカップでは宿泊需要60万室のうちAirbnbが約2割の約12万室を補う!! Airbnbはこうした実績をブラジル政府から買われ、2016年リオ五輪ではなんと”公式”サプライヤーとして2万室を提供する 予定です! IOC(国際オリンピック委員会)は横の繋がりの強い世界なので、リオ五輪の次の東京五輪がリオ五輪を参考にするかもしれませんね。 民泊トリビアでした!

中国民泊 不動産低迷で広がりを見せている!?

2016/2/18

2月15日のワールドビジネスサイトによりますと、日本でも話題になっている個人が持っている部屋に観光客を泊めるairbnbなどで話題の「民泊」ですが、中国では経済の減速が民泊の注目を集めているようです。北京にある民泊関連サービス大手「途家」では全国で2,500人のスタッフを抱え民泊物件の紹介だけでなく、宿泊客の対応なども代行します。例えば、北京市内の部屋は4人部屋で1泊1万円と、付近のホテルの半額です。今年の春節期間中の利用客は前年に比べ倍増したようです。急増の理由は中国の不動産価格の低迷で、買ったマンションを転売しても利益が出ないので、多くのオーナーが部屋を民泊として運用しているようです。中国では景気の減速が民泊市場の広がりをむしろ加速させているようですね。世界を見渡しても民泊の需要は加速度を増して増えておりますが、どうやら民泊需要の成長は世界景気にはあまり影響を受けないようですね。民泊はホテルより安いという背景から、景気の減速はホテルから民泊へと客の流れをシフトさせるので、民泊需要にはむしろプラスなのかもしれないですね。