TOP>ニュース

お隣の国の民泊を覗いてみよう

2017/7/10

先月発表されたニュースではお隣の国、韓国での民泊が取り上げられていました。最も成長が早かった国の一つです。現在では、Airbnbの急成長のおかげで今までは韓国に訪れる観光客は中国、日本からがメジャーだったのが、アメリカ、そしてシンガポールやマレーシアなどのアジア各国からの観光客も増えて来ています。ホテルから比べて安価で滞在できるAirbnbは観光客の滞在日数を長くし、結果的に観光客が現地で使うお金を多くするため、韓国の経済に大きなプラス効果を生み出しています。日本も負けていられなせんね!😎Screen Shot 2017-06-12 at 14.14.12

Airbnbのイチオシ👍

2017/7/5

現在、世界にはなんと300万以上のリスティングが存在します🏠 その中でも特にAirbnbがイチオシしているリスティングをまとめたページがあります。イチオシのリスティイングは特徴ごとに分類されています。例えば、「プライベートアイランド」、「極小極狭リスティング」、「おとぎの国のコテージ」、「地上の舟」などなんと40以上ものカテゴリに分けられています。見る人々に、「ここに泊まってみたい!ここに行かなきゃ!」と思わせるような魅力的なリスティングがたくさんあります✨ 旅先をもとに泊まる場所を選ぶのではなく、泊まる場所を先に選んで旅先を決定する旅も楽しそうですね😊 (リンクはこちら

キューバでエアビ?!

2017/6/30

日本の皆さんの中で海外旅行で「キューバに行ってきた!」という人はまだそんなに多くはないかもしれません。しかし、実はキューバで民泊市場(Airbnb)が人気沸騰中なのはご存知でしょうか?先日エアビが発表した情報によると、2015年にキューバでのAirbnbが開始され、たった2年間で$40 million (日本円だとおよそ400億)の経済効果をもたらしたというのです!キューバ国内にはなんと22000ものリスティングが登録されていて、その58%ものホストが女性というのだからびっくり!2015年の4月より560000以上もの観光客を受け入れているというキューバのAirbnb。皆さんもキューバに行く機会があれば、ぜひAirbnbを使ってみてください。20160329150458-cuba-havana-colorful-buildings-streets

“Airbnbmag”創刊📕

2017/6/28

先月末、雑誌"Airbnbmag"が発売されました😃 雑誌では、今注目を集めている旅行先や、現地の人々から収集したとびきりの旬な情報が掲載されています。創刊号ではキューバやバリ、シアトルやマリブなどが特集されているそうです。また旅行の情報だけではなく、Airbnb創設者やフードジャーナリスト、地域再生に貢献している夫婦などのコラムもあり、Airbnbの作り出す世界観が楽しめる雑誌になっています。現在は英語版しかないですが、実はAirbnbのホームページから購読することもできます!(現在のところ、6刊で15ドルです。)そのうち様々な言語に翻訳されて、より多くの人々がAirbnbの世界を楽しめるといいですね☀️

父の日特集🎁 ホストにスローズアップ

2017/6/22

先週の日曜日は父の日。ということでエアビが特集でエアビを運営するシングルファザー、またファミリーについて密着取材した記事が出されました。皆様がご存知の通り、エアビ発祥の地のアメリカではエアビはより身近な存在です。 父親というのは仕事に行き、夜帰宅するといった方が多いなか、今回取材を受けたJeffは「母親と同じように子供との時間を過ごしたい」と願い、その夢を叶えたのが、Airbnbの存在だったようです。「外に働きに行かなくても、子供といながら、収入を得られる」と大満足のJeffさん。最近では今まで実現できなかった家族旅行にも行けたそうです。Home sharingでお金も家族との時間も手に入れた、まさにWin Win ソリューションですね!羨ましいです! ホストの皆様、たまにはAirbnbで得た収入で家族と出かけてみてはいかがでしょうかScreen Shot 2017-06-20 at 11.52.15